スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信じぬけるか否か、全てはそれ次第

  • 2008/10/26 21:00
  • Category: 模型
なんだかんだで、とりあえずは2日目の更新です。


では昨日言っていた、マジックスカルプの感想を。




現在私が主に使用しているエポパテは、"エポレジン"と"waveのグレータイプ"なんですが、これに、+以前使用していたタミヤの速乾とを合わせて比較することで説明しようと思います。



               ←硬い←    普通    →柔らかい→     
[硬さ]         タミヤ速乾 マジックスカルプ waveグレー エポレジン



               ←易い←    普通    →難い→
[削り易さ(ナイフ)]  エポレジン waveグレー マジックスカルプ タミヤ速乾



               ←難い←    普通    →易い→
[詰り難さ(ヤスリ)]  タミヤ速乾 マジックスカルプ waveグレー エポレジン




とりあえず、以前の表にマジックスカルプを足すとこんな感じです。


これ以外に、感想としては、スジ彫りがしやすいという事が上げられます。

エポレジンやグレーパテは、削りやすいという特徴がありますがその分決め細やかさにかける為、スジ彫りをすると底の面が荒れてしまい、なかなかうまくいきません。

一方タミヤの速乾は表面の硬さは一番あるのですが、スジ彫りなどをするとヒビが入ったり、欠けてしまう事が多くありますが、マジックスカルプはどちらの現象もあまりおこらずスムーズにスジ彫りできます。


あと、程よいグレー(ライトグレー)なので、グレーパテ同様、サフを吹かなくても傷や形状などが確認しやすいという利点があります。


総合的な感想としては、硬化後のマジックスカルプは極めて普段使用しているプラ材に近いと思いました。

硬さ、削り易さなどがプラに近く程よいので、加工するのにはもってこいだと思います。特に細かい彫刻などをする場合にはいままでのエポパテでは一番かと思います。


ただ、もちろん、だからといってマジックスカルプさえあれば他はいらないかというとそうではなく、それぞれに特徴があるので、適材適所で使用することで、スムーズに製作ができるという事だと思います。


なにより、これでまた造形の可能性が広がったという事が一番嬉しいですね。


では、また明日も続くかどうかお楽しみに~。
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://garant.blog76.fc2.com/tb.php/128-3bdd1f6c

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

近衛巧巳

Author:近衛巧巳
ガンプラの製作記が中心ですが、
最近はあまり・・・。
スクラッチが楽しいです。
ちなみに近衛巧巳名義で電撃ホビーマガジン
にて作例なんぞもやっております。

Twitter

FC2カウンター

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

メインサイト

ブログからご覧になられた方は、メインサイト「ガラント帝國」も是非ご覧になってみてください。
完成品のギャラリーなどもあります。
↑をクリックで、行けます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。